不動産担保ローンは低金利なので便利です

資金調達は自分に合った最適な方法を選ぼう

不動産担保ローンは融資が実行されるまでに1週間ほどかかります。
時間に余裕をもって申し込むと、手続きをスムーズに行うことができます。
またローンを申し込む際には事務手数料などの諸費用についても考慮する必要があります。
不動産を担保に融資を受ける場合には事務手数料や不動産鑑定費用、印紙代などが必要です。
土地や建物に抵当権や根抵当権を設定する場合には登記費用が発生します。
これらの費用は融資額が大きくなるほど増えるので注意が必要です。
融資額によっては数十万円が必要になる場合もあります。
確かに不動産を担保とする場合、低金利で多額の融資を受けることができます。
しかし金利が低くても諸費用を含めると支払総額がカードローンと変わらない場合もあるので注意が必要です。
実際にどの程度の費用が必要になるのか十分検討した上で、最適な方法を選ぶことをおすすめします。
土地や建物に抵当権や根抵当権を設定した場合、返済不能になると不動産が競売にかけられます。
債権者は売却代金から元本と利息を回収することになります。
基本的に無理のない返済計画を立てた上で融資を受ければ、競売にかけられるようなことはありません。
不動産を担保にすると毎月の低金利で返済の負担が少なく生活に負担をかけずに済みます。
私は不動産担保ローンを選んでよかったと思います。

不動産を担保にまとまった資金を作る : 返済期間と支払利息の関係 : 資金調達は自分に合った最適な方法を選ぼう : 不動産担保ローンを利用して得た教育資金