不動産担保ローンは低金利なので便利です

返済期間と支払利息の関係

実際に融資が実行されるまでには1週間ほどかかります。
カードローンであれば数分で審査が完了し、即日融資を受けることもできます。
少額の資金を素早く調達したい場合はカードローンが優れていますが、時間がかかってもよいので多額の資金を調達したい場合は不動産担保ローンの方が優れています。
土地や建物を担保にする場合、金利は2.9%から9.5%ほどです。
金利が低いのでカードローンなどと比べて楽に返済することができます。
不動産を担保とする場合、返済期間を長期に設定できるというメリットもあります。
一般的に10年から30年に設定できるケースが多く見られます。
金融機関の中には35年に設定可能なものも存在します。
返済期間が長期化すると、毎月の返済額が少なくなります。
生活に負担をかけずに返済できますが、期間が長くなるほど利息の支払総額も増えます。
最終的な支払総額と毎月の返済額を考慮して最適な期間を決めることが大切です。
私は自分の返済能力と返済額を考えて10年に設定しました。
無理なく計画的に返済できる期間を選ぶとよいでしょう。

ビジネクストの不動産担保ローンなどhttps://t.co/DVssB7g9AX

— money_cafe (@cafe_money) 2019年10月12日

不動産を担保にまとまった資金を作る : 返済期間と支払利息の関係 : 資金調達は自分に合った最適な方法を選ぼう : 不動産担保ローンを利用して得た教育資金

不動産担保ローン :