不動産担保ローンは低金利なので便利です

不動産を担保にまとまった資金を作る

不動産を担保にまとまった資金を作る : 返済期間と支払利息の関係 : 資金調達は自分に合った最適な方法を選ぼう

私は子供の進学や両親の介護などでまとまった資金が必要になり、不動産担保ローンを利用しました。
担保として提供した不動産は両親の土地と建物です。
多額の資金が必要であることを相談したら、不動産を担保として利用することに賛成してくれました。
いずれ私が相続することになっている土地と建物なので、両親もなるべく有効に利用したかったそうです。
両親が住んでいる建物を担保に融資を受けましたが、もちろん私自身が毎月返済しています。
不動産担保ローンは土地や建物を担保に提供するので多額の融資を受けられるだけでなく、金利が安いというメリットがあります。
一般的なカードローンの金利は3%から18%ほどとされています。
銀行が運営しているものと、消費者金融業者が運営しているものでは金利が異なります。
前者の方が金利が安く多額の融資を受けられますが審査は厳格です。
後者は緩やかな審査が行われますが金利が高くあまり高額な融資を受けることはできません。
カードローンと比較すると不動産担保ローンの方が金利が低く非常に高額な融資を受けることができます。
融資額は不動産の担保価値によって変化します。
不動産の価値によっては1億円以上の融資を低金利で受けることも可能です。
ただし不動産を担保にする場合、無担保のカードローンと比較して審査に時間がかかります。
土地や建物の価値を正確に評価するには数日が必要です。